スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
大暴落からの中間反騰?
株に関する悪いニュースが落ち着いて、NYでは良いニュースも出ているみたいですね。

松藤民輔さんが最近ブログで書いているように、中間反騰に入っているようです。
5月の連休明けぐらいまでは堅調かも?


買いで持っている株はあと一ヶ月ほど様子を見て処分する予定です。

バーチャーるトレード、トレダビの方は、ほったらかし。
久しぶりに順位を見てみると、736位 収益率7.78%

1位の方は収益率472.77%、総利益71,898,119円となってました。
達人追跡を見ると、詳しい銘柄は分かりませんが、信用売りと買いを交えてトレードされています。

最近始まったトレダビのシステムで、「チェース・何・しはったん?」という有料サービスは、こういう達人がバーチャルで注文を出したらすぐその内容が分かるというもの。

自分で判断しないでするというのも・・・あれですが、おもしろそうではあります。
(別にオススメしている訳ではないですよ。)

株を始めた頃は、こういったバーチャルでは何も学べないと思っていましたが、そんなことはないと思います。

株をこれから始める人は、トレーニングになるし、経験者も色々テスト出来ると思います。
スポンサーサイト
久しぶりのトレード
昨日はイエローハットの行方について書きました。

チャートはまだ、5日移動平均線に沿って動いていますね。
でも、現物株もバーチャルトレード株も売っちゃいました。

現物の方は、クリック証券で702円→388円を5000株。
楽天証券で304.5円→389円を100株。


大きな損切りになりましたが、大きい爆弾が投下される前に、厚い板がある内に処分できたので納得してます。

まだまだこれから戻す可能性もあったんですが、
一つは持ち株を現金化しておきたかったから。
もう一つの理由は、その一部で三菱重工を買いたかったから。
業績以上に下げてきたことに加え、チャートを見ると、25日移動平均線を下から突き破る位置に来ていたから。

今までは、下がって安くなった所を買うというトレードでしたが、上がったら「買い」が本当の買い方。
感覚では難しいですが、それを初めて実行してみました。

だいぶ前に1000株だけ買ってあったものの平均単価を下げることもできました。

それにしても、
これでやっと自己紹介にも書いた塩漬け株のイエローハットの150万円以上の損を確定できました。

いや~長かった。

人の意見で買うとどうなるかを思い知らされた結果です。
イエローハットの行方
ETC特需で吹きましたが、今後どうなるか?

先週の水曜日が、一度目の利確のタイミングでした。
持ち株を売るかどうか迷いましたが、もっと引っ張ることにしました。

1000円ぐらいの時からずっと見てきましたが、社長交代のニュースで完全に悪材料が出切った感じです。

新社長になってから、こういう経済環境の中で最悪のシナリオ、つまり倒産を避けることが第一。 そして赤字を減らすこと。

この2つを達成するための最善の手を打っている気はします。


そんな中での好材料「ETC特需」

日足を見ると、今のところ5日移動平均線に沿って動いています。
これまでの株主・大口さんがどうしたいのかを考えると・・・

悪材料で尽くしの後の好材料に乗っかって、株価を上げたいのではないでしょうか?

出来高が減った点が少し気になりますが、板を見ているとまだまだ上げる気でいる人がいるようにも思えます。

動き次第では、ホップ・ステップ・ジャンプの「ホップ」の段階?なんてね。
去年11月5日の470円は越えて欲しいところ。そんな勝手な予想屋ですが、どうなりますやら。
ETC特需
バーチャルトレードでも購入したイエローハットが、やっと吹きました。

ETC助成金の話があったので、いつかは来ると思っていましたが、このタイミングに合わせるのって難しい。

早読みし過ぎると、来るまでに一段・二段落ちてしまう。
かといって、ニュースやチャートの反応だけでは、出遅れてしまうのでは?と思ってしまう。


私の場合は、いつも買うのが早すぎなんですよね~

このあと、株価がどう動くか楽しみです。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。