スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
サブプライム問題
今年になって、連日のようにニュースで耳にするようになった、株価大暴落の根元と言われている 『サブプライムローン問題』

この問題にいち早く気づき、ニューヨークの暴落を読み切った人をご存じですか?

その方とは、松藤民輔さんです。
この方は、証券会社で活躍後、独立して現在は、なんと!10億ドルの金鉱山を持っておられます。

かなり前から、ご自身のサイトや本でアメリカ経済の終わりについて語っておられましたが、2007年10月9日に放送されたガイアの夜明けでその実態がより明らかにされました。

松藤民輔の部屋」は会員制のサイトになってしまいましたが、現在でもショートコメントは見ることが出来ます。

以前は詳しいチャートを使った解説などを見ることが出来ました。
何十年もの歴史をさかのぼって、あらゆるチャートから今のアメリカと適合するチャートを探し、歴史は繰り返すと。

それを見ていた私は、その本当の意味を正しくは理解できなかったものの、その成功者の説得力ある言葉を確信していました。 しかし、暴落が来ることは分かっていたのに、その後、世界経済はどう連動するのか、それにどう対応していけばいいのか・・・ 難しいですね。結局は、トレードの経験が浅い者にはこのアドバイスもうまく活用することは出来ませんでした。

今は大恐慌の訪れ、不況を知らせるニュースで溢れていますが、松藤民輔さんはこれから先、日本の時代が訪れると述べています。 さて、どうなっていくのでしょう?


注目したいのは、『弱気市場の終わり』という最近出されたメッセージです。
NY株が、「春までの大きな戻りのパターンに入った。」とのこと。

あなたは、どう対応していかれますか?


スポンサーサイト
自己紹介
はじめまして。 カブ棋士と言います。

2006年5月より株を始めました。

一番最初の取引は、まだ株について勉強し始めたところで、とにかく何をどういう基準で買ったら良いのか全く分からなかった時、たまたまいつも勉強の為に見ていたブログで「ヤフー以来の夢のある株!長期的にオススメ」と紹介されていたので、某銘柄を試しに購入。

しかしその数日後、日経の暴落によって、その株は一気にナイアガラ。途中難平するも、数日続けて下落。こりゃダメだと損切りして、結局マイナス40万円の洗礼を受ける。(^^;)

どんなに信用できると思えた人が薦めた銘柄でも、その根拠やどうなったら即損切りだとか分からないので、自分で根拠を見つけた銘柄を取引しなければいけないということを学びました。

その後は、あるブログに必死に付いていき、その年はマイナス12万円で終わる。

翌年、2007年はプラス50万円ほど。ただし、この年の後半から長期で勝負した銘柄が塩漬け状態に・・・ 事情により現在もこの株は損切り出来ないので現在も含み損拡大中です。

2008年、この塩漬け株以外の取引は、なんとかプラス?という状況です。


これまでに見てきた株ブログの手法・コメントの中から私たちが大いに学べるであろう内容・気づきについて取り上げていきたいと思います。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。