スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
1ティック抜き
私が最初にしようと思ったトレードスタイルは、1ティック抜きです。

そうしたいと思ったキッカケは、「奈菜色に染まれ」というブログを読んだからです。
このブログを見つけた時には、すでにブログの更新が終わった直後ぐらいだったんですが、株をやっていく上でとても大切なことを教えてくれていると思って、過去ログから大事だと思ったコメントをテキストに落としました。

その後、このブログは「奈菜色に染まりました」→「100億の女」とタイトルは変わっています。

この奈菜さんがしていたトレードは主に低位株の1円抜きでした。

この方も最初から上手くいっていたわけではありません。
デイトレを始めてから資金が半分以下ぐらいになり、これ以上減らしたら多分人生終わりだと思って、1日1000円でもプラスで良いやと思って、少しの利益で利確し始めたら気がついたら雪だるま式だったと語っておられました。

そうなるために一番大切なことって何だと思われますか?
絶対に負けない! ・・・そうではありません。

デイトレは儲ける事を考えるのではなく、大きく負けるのを防ぐだけで、いつしか勝てるようになっているというのがポイントです。

欲は最大の敵になります。 1円、2円決めた所まで下がってしまったら損切りの徹底は必要不可欠、躊躇は許されないということを教えてくれました。

そんな奈菜さんが教えてくれたスキャルピングの方法とは?
次回に続きます。



スポンサーサイト
スキャルピング
スキャルピングとは、板情報を見て買ってすぐ売る、僅かな利幅(1ティックだけ)を抜く手法です。

手数料定額制のライブドアのプレミアムトレードパスが使えなくなった現在では、出来るだけ利幅を引っ張るトレードを心がけているトレーダーは多いと思いますが、1ティック抜きで経験値を上げるのも一つの方法かもしれません。


もうブログは消滅してしまってありませんが、当時大学生だった「こぅじぃさん」という方のブログでは、こぅじぃ式デイトレ道場というのがありました。

その中で「クリボーを踏む勇気」という記事はなかなか面白かったです。

スーパーマリオをプレイしている姿を思い浮かべてください。

ゲームが始まったらBダッシュで手際よくクリボーを踏んでゴールをめざしますよね。

ゲームのプレイ中、いちいちクリボーに当たって死んだらどうしようとか考えてゲームしますか?

おそらく、死んではリセットボタンを押したりしてゲームをすぐにやり直し、繰り返すことでゲームは上達していき、そのうちボスの所までいけるようになってクリアを目指せるでしょう。

トレードの場合も上達するには、そういう感覚で臨まなければいけないということです。

良くも悪くもマネーゲーム。ただ画面上の数字を買って、売って増えたかどうかだけ。

マリオが敵に当たったり、穴に落ちたりした時、本当の自分が同じ目に遭うと思っていたら、いつも通りプレイできますか? クリボーを踏むタイミングについて悩む必要はないんです。

初めの投資資金はゲーム参加料であとはオンラインで参加者達と数字の取り合いをするだけ。

そのためにも欲張らない、撤退はルール通りする必要があるんです。


始めてデイトレする人へ
デイトレードと言っても、様々な方法があります。

・板情報だけでトレードする人
・チャートだけを使う人(1分足や5分足)
・両方使う人

それらのツールに加えて、日経やリアルタイムニュースにも注目しながらやる人もいます。


デイトレードを始める時、おそらく本やネットで見たものに影響されて、手法を選ぶと思います。そして、学んだたくさんの情報を活用しようとします。

でも、そこに書かれていた成功者のように、たくさんのツールを、しかも複数の手法を同時に使いこなすことなんて普通は出来ないんです。 そう、最初からいろんなことをやろうとしても出来ません。

「株は3年やってトントンぐらいになる」という言葉を聞いた記憶があるんですが、私も株を3年ほど経験して、やっと広い意味で株ってどんなものかが分かってきたような気がします。

そう、言い換えれば最初からいろんな事を分かる必要はないんです。 いずれ時期が来たら分かってきます。

まずは、単純な一つの手法に固執してトレードスタイルを確立するのが一番だと思いますよ。






上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。